建設業の許可のいろは 新規申請プロセス

建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。

初めて申請する場合は、東京都庁建設業課内の相談コーナーで予備調査を受けなければなりません。その後、窓口審査を予約することになります。

行政書士が申請を代行する場合は、予備調査なしに窓口審査のプロセスに進むことができます。そういった意味で、建設業許可申請に習熟した行政書士に申請を委託するメリットがあります。

※郵送等による申請書類の受付はできません。

自治体議員の経験もある行政書士としてきめ細やかに対応させていただきます。
ご相談お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました