入札参加のいろは 入札参加のメリット!

建設業では公共工事依存度が高いといわれます。
それだけ、公共工事の発注高は多く、入札によって受注できる営業面の良さもあります。

入札参加のメリット

  • 受注先の拡大
  • 販売コストの減少(リベート・キックバックはいりません。)
  • 発注者が公共団体なので支払い遅延がない
  • 値下げや無償サービスの要求がない
  • 取引先に公共団体があると自社の信用力が上がる。
  • 発注者の入札案件は多いので、安定的にな受注が見込める。
  • 最低制限価格が決まっており、価格競争に巻き込まれにくい

デメリットもありますが

もちろん、入札に勝てない、手続が煩雑といった部分はあります。
自治体議員の経験もある幣事務所でサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました