産廃業いろは~廃棄物関連業の許可概要

建設業を営んでいますと、廃棄物収集運搬業などの営業許可を取得する必要に迫られるときもあります。

産廃業いろは~廃棄物収集運搬業の許可申請

廃棄物収集運搬業の許可申請について解説してまいります。

産業廃棄物処理業の許可の取得

提供したいサービスの形態によっては産業廃棄物処理業の許可だけではなく、
産業廃棄物処理施設の設置の許可も取得が必要になる可能性があります。

許可制を採用することで、廃棄物処理法の定める適正な管理を行うことができると認められた業者のみが、廃棄物処理業を行うことができるようになります。

廃棄物処理の種類

扱う廃棄物の種類ごとに許可を取る必要があります。

廃棄物処理の種類

廃棄物処理の種類

例えば、産業廃棄物である廃プラスチック類のみの収集運搬の許可を持っている業者が産業廃棄物に当たる汚泥の収集運搬を行うことはできません。

産業廃棄物のプラスチックの収集運搬を行う許可を持つ業者が、家庭から排出された一般廃棄物のプラスチックを処理するには一般廃棄物の収集運搬業の許可を取る必要があります。

産業廃棄物の収集・運搬

産業廃棄物を積み込む場所と荷下ろしする場所が、県域を越える場合、それぞれの都道府県において許可権者から許可を取る必要があります。

許可は積み込む場所と荷下ろしする場所において必要ですが、荷下ろし等を行わずに通過だけをする場合には不要となります。

産業廃棄物処理業許可の基準

産業廃棄物処理業の許可は施設及び能力についての基準と、欠格要件に当たらないことという2つの基準があり、これらの要件を満たす場合には必ず許可をしなければなりません。

施設及び申請者の能力

収集運搬

産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、 運搬容器その他の運搬施設を有すること。

積替施設を有する場合には、産業廃棄物が飛散し、流出し、及び地下に浸透し、並びに 悪臭が発散しないように必要な措置を講じた施設であること。

処分(埋立処分又は海洋投入処分を除く)

汚泥:当該汚泥の処分に適する脱水施設、乾燥施設、焼却施設その他の処理施設を有すること。

廃油:当該廃油の処分に適する油水分離施設、焼却施設その他の処理施設を有すること。

廃酸又は廃アルカリ:当該廃酸又は廃アルカリの処分に適する中和施設その他の処理施設を有すること。

廃プラスチック類:当該廃プラスチック類の処分に適する破砕施設、切断施設、溶融施設、焼却施設その他の処理施設を有すること。

ゴムくず:当該ゴムくずの処分に適する破砕施設、切断施設、焼却施設その他の処理施設を有すること。

その他の産業廃棄物:その処分を業として行おうとする産業廃棄物の種類に応じ、当該産業廃棄物の処分に適する処理施設を有すること。

保管施設を有する場合には、産業廃棄物が飛散し、流出し、及び地下に浸透し、並びに 悪臭が発散しないように必要な措置を講じた保管施設であること。

埋立処分、海洋投入

埋立処分:産業廃棄物の種類に応じ、当該産業廃棄物の埋立処分に適する最終処分場及びブルドーザーその他の施設を有すること。

海洋投入処分:産業廃棄物の海洋投入処分に適する自動航行記録装置を装備した運搬船を有すること。

 

産廃許可についてのご相談承ります

      

お名前※必須
お名前(フリガナ)※必須
メールアドレス※必須
電話番号※必須
お問い合わせ内容※必須
タイトルとURLをコピーしました