建設工事請負契約 注意点その1 建設業におけるコンプライアンス

建設工事は契約金額も大きくなります。契約保護の観点も重要であって建設工事請負契約の適正化もまた建設業法の大きな目的です。

このブログでもシリーズで適正な請負工事契約について解説します。

建設業法における目的

  • 建設業を営む者の資質の向上
  • 建設工事の請負契約の適正化等を図ることによって
  • 建設工事の適切な施工を確保し
  • 発注者を保護するとともに
  • 建設業の健全な発達を促進し
  • もって公共の福祉の増進に寄与することを目的とする

 

適正な建設工事請負契約が締結・履行されるように注意が必要です。建設業界にとってコンプライアンス(法令遵守)は極めて重要です。

タイトルとURLをコピーしました