コロナウィルス対応 東京都庁厳戒態勢

新型コロナウィルス COVID19 が流行しております。
行政の方からは、人の集まるイベントの自粛が求められています。
当然に、役所へ行くという行為も抑制されます。

都庁舎における来庁者の健康チェック

東京都では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、都庁舎への来訪者へ健康チェックが実施されます。
(2020.3.3)
3月4日(水曜日)から当分の間、実施されます。

私も先日、都庁を訪問したのですが、当然のように非接触型体温計を差し向けられました。

健康チェックの実際

入庁受付時に一般の来庁者の皆様に検温を実施(非接触型体温計による検温)

37.5度以上の発熱が認められる場合等は入庁の自粛を依頼

東京都から来庁者へのお願い

以下の症状をお感じの方は、都庁舎への来庁を控え、各部局等への用件は、できる限り電話、メール、郵送等による方法でご対応いただきますようお願いします。

  • 風邪の症状がある
  • 37.5度以上の熱がある
  • 倦怠感(強いだるさ)がある
  • 呼吸が困難である(息苦しい)

 

これからは郵送でも対応できる手続が増えそうですね。

建設業許可の申請については行政書士にご依頼ください。

タイトルとURLをコピーしました