外国人の日本語学習~日本語学校の日本語能力試験合格者数

建設業の現場で外国人労働者は目立ちます。現場管理者から聞かれる大きな課題は日本語でのコミュニケーション。

技能実習の在留資格で働く外国人は日本語の講習を2か月程度(入国前+入国後)受けた程度です。日本語でのコミュニケーションがスムーズにいかない前提での仕事の進め方を考えましょう。

日本語学校に通えばみんな日本語を流暢に操れるかというと、そうでもないのも現実です。

日本語学校の日本語能力試験合格者数

日本語学校では、高校卒業レベルの外国人がおおむね2年間日本語を学び、その後、大学進学や就労します。

大学進学や就労ビザ取得に際しては、日本語能力試験のN1ないしはN2に合格していることが期待されます。

日本語能力試験N2に合格した生徒の割合

日本語能力試験N2に合格した生徒の割合 16.7%

東京都内で資料が公開されていた152の日本語学校のデータから N2合格者人数を総在籍者数で割ったもの。2年間コースが多いので、合格率としては倍掛けしてとらえるべきものです。

日本語学校における日本語能力試験合格者の割合

日本語能力試験合格者割合

全体の3分の2の日本語学校で日本語能力試験N2に合格した生徒の割合が2割を下回っていることがわかります。

全体の2割の日本語学校では、日本語能力試験N2に合格した生徒がいないこともわかります。

 

実績が不十分な日本語学校を批判することはこの記事の本旨ではありません。
次回は、日本語能力試験合格者の割合が高い日本語学校の概要をまとめます。

 

データ出典:
文部科学省「日本語教育機関における外国人留学生への教育の実施状況」(平成29年度)

文部科学省「日本語教育機関における外国人留学生への教育の実施状況」では、国内で外国人留学生が日本語学習を行うことができる機関が、近年、学校数や学生数とも大幅に増加している状況を踏まえ、外国人留学生が我が国で日本語を学ぶ機関を探す際の参考となる情報として、日本語教育機関の教育の実施状況について公表されています。

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1382482.htm

 

タイトルとURLをコピーしました