コラム一覧

コラム一覧

契約保護の観点から、建設工事請負契約の適正が求められます。 その前段として、見積を提示する。 さらに、見積を依頼することからはじまります。 適正な見積もり依頼 見積依頼は、工事内容、工期等の契約内容を ...
続きを読む
建設工事は契約金額も大きくなります。 契約保護の観点から、建設工事請負契約の記載事項についても法律の定めがあります。 建設工事請負契約の必須記載事項 工事内容 請負代金の額 完工の時期 工事をしない日 ...
続きを読む
建設工事は契約金額も大きくなります。契約保護の観点も重要であって建設工事請負契約の適正化もまた建設業法の大きな目的です。 このブログでもシリーズで適正な請負工事契約について解説します。 建設業法におけ ...
続きを読む
建設業許可申請とは話がそれます。私は行政書士という個人事業主でして、税理士さんにお願いしないで自分で確定申告をしています。 いままでは国税庁ホームページで確定申告書を作成して、プリントアウトしたものを ...
続きを読む
建設業界では、人手不足の環境下で外国人労働力として 技能実習制度の活用が活発です。 建設業の技能実習生の受入れ人数の制限が変わります。 今年2020年4月から、技能実習制度の改正が適用されまして、技能 ...
続きを読む
建設業界では、人手不足の環境下で外国人労働力として 技能実習制度の活用が活発です。 技能実習生の受入れには建設業許可が必要になりました 今年2020年1月から、技能実習制度の改正がされまして、下の3点 ...
続きを読む
公共工事を受注しているかどうかに関係なく、許可を受けた建設業者は毎年の決算を所管庁に届けなければなりません。 もちろん、入札参加される建設業者にとっては、経営状況分析申請、経営事項審査の前提となる手続 ...
続きを読む
公共工事の受注、入札参加、に先立って経営事項審査を受審しますが、 その前提に登録経営状況分析機関による経営状況分析を経なければなりません。 経営状況分析とは 経営状況分析申請とは 第27条の24 前条 ...
続きを読む
公共工事の受注、入札参加、に先立って経営事項審査を受審しなければなりません。 経営事項審査とは 業界用語で「経審」(ケイシン)と略されますが、 建設業法に定めれらた手続です。 建設業法第27条の23 ...
続きを読む
建設業では公共工事依存度が高いといわれます。 それだけ、公共工事の発注高は多く、入札によって受注できる営業面の良さもあります。 入札参加のメリット 受注先の拡大 販売コストの減少(リベート・キックバッ ...
続きを読む
Loading...
タイトルとURLをコピーしました