コンプライアンス

コンプライアンス

工事の安全義務を怠ることへのペナルティ(営業停止処分)

建設工事には危険が伴いますから、建設業者は安全確保を怠ってはなりません。事故がありますと営業停止などの行政処分を受けることがあります。 工事の安全義務を怠ることへの行政処分事例 平成29年1月28日、東京都調布市内の基礎撤去工事...
建設業許可いろは

工事現場の技術者の配置要件 ~ 建設業法改正2020年10月

2020年10月、建設業法の改正が施行されます。 2019年6月に法律が成立した後、詳細な政令が徐々に改正されてまして、実際の現場対応方針が定まります。 今回は、工事現場の技術者の配置要件について 工事現場の技術者の配置要件に関す...
建設業許可いろは

著しく短い工期の禁止 ~ 建設業法改正2020年10月

2020年10月、建設業法の改正が施行されます。 2019年6月に法律が成立した後、詳細な政令が徐々に改正されてまして、実際の現場対応方針が定まります。 今回は、著しく短い工期の禁止について 著しく短い工期の禁止(建設業法施行令第...
コンプライアンス

許可を得ていない業種の工事をするペナルティ(営業停止処分)

建設業許可は業種ごとに許可されています。許可を得ていない業種で一定の金額以上の工事を受注してはなりません。 無許可営業を行うと行政処分を受けることがあります。 無許可建設業者への行政処分事例 A会社は、平成29年12月12日に...
コンプライアンス

監理技術者なしに工事をするペナルティ(営業停止処分)

公共性のある施設の工事を施工するには、専任の監理技術者を設置しなければならないことがあります。 技術者不足の中、設置が難しいこともあるかもしれませんが、 資格要件を満たす監理技術者を設置していないと、行政処分を受けることがあります。 ...
コンプライアンス

建設工事現場の労働災害の抑制に向けて 労働災害発生状況2018年

建設工事は危険を伴いますから、事故も発生します。 事故が発生した場合は適切に届出を行ってください。 届出することによって労働災害発生状況のような統計も整備されて、業界全体の安全対策も進みます。 さて、2018年の労働災害発生状況が...
コンプライアンス

建設業許可なしに工事をするペナルティ(営業停止処分)

一定の工事金額以上の工事を受注するには建設業許可が必要です。無許可営業を行うと行政処分を受けることがあります。 無許可建設業者への行政処分事例 A会社は、東京都世田谷区内の共同住宅の内装工事において、建設業法第3条第1項の規定に...
コンプライアンス

建設工事現場のコンプライアンス 8つの注意点

建設工事は契約金額が大きくなります。代金の支払いいかんによって企業の倒産、現場作業員の生活が強い影響を受けます。建設工事請負契約の適正化において、代金支払いの適正も求められます。 建設工事現場のコンプライアンス 8つの注意点 工...
コンプライアンス

建設工事代金の支払い 8つの注意点

建設工事は契約金額が大きくなります。代金の支払いいかんによって企業の倒産、現場作業員の生活が強い影響を受けます。建設工事請負契約の適正化において、代金支払いの適正も求められます。 建設工事代金の支払いの注意点 下請工...
コンプライアンス

建設工事請負契約 注意点その7 工事のやり直しと工期変更

契約保護の観点から、建設工事請負契約の適正が求められます。 適正な契約に、紳士的な取引関係は前提になります。 元請業者が優越的地位を振りかざしてしまうと、現場作業員にしわ寄せがいきます。 下請工事のやり直し 元請人が費用を全...
タイトルとURLをコピーしました