来年度も公共事業は強靭!国土強靭化関連の公共事業費は高水準

来年度も公共事業は強靭!国土強靭化関連の公共事業費は高水準

新年度予算案の公共事業費11.5%の減額!

2021年度当初予算案が12月21日閣議決定されました。
公共事業費は6兆695億円で前年度比11.5%の減額となりました。
ただ、あわせて決定された第3次補正予算案で公共事業費は2兆4,610億円

15カ月予算としては2020年度の8.5兆円と同水準

新年度予算案の6兆695億円、第3次補正予算案の2兆4,610億円が一体で執行されるため
総額8.5兆円規模とみなすことができます。
2019年、2020年、2021年と高い水準で公共事業が予算付けられています。
入札に参加して、売上拡大に取り組みましょう。

公共工事受注の平準化にも

公共工事は、公会計が単年度主義なので、原則として、4月になってから入札して工事発注することとなります。
そうすると、どうしても4~6月は受注できないので、閑散期となってしまいます。
15カ月予算であれば、前倒しで入札がはじまるので、4~6月が閑散期となることもありません。
15カ月予算は前倒し的な公共工事受注の平準化策といえます。
後ろ倒しによっても4~6月の業務を増やすことができます。
繰越明許費というのですが、公会計の年度末で予算を来年度に繰越すことで、工事は4~6月に実施することができます。
ただ予算を積み上げるだけでなく、行政は受注する建設会社の立場に配慮していますね。

入札参加資格申請は自治体議員経験もある当事務所へ

入札参加資格申請は自治体議員経験もある当事務所へご相談ください。

下記問い合わせフォームからもご相談いただけます。

      

お名前※必須
お名前(フリガナ)※必須
メールアドレス※必須
電話番号※必須
お問い合わせ内容※必須
タイトルとURLをコピーしました