入札参加のいろは 入札参加の仕組み(東京都自治体の場合)

建設業では公共工事依存度が高いといわれます。
それだけ、公共工事の発注高は多く、入札によって受注できる営業面の良さもあります。

入札参加について(私の事務所が所在する)東京都の例で簡単に解説します。

公共工事の入札参加(東京都の場合)

インターネット東京電子調達サービス通じて、都内のほとんどの市区町村と取引できます。

資格審査申請サービス

一度の申請で複数の自治体に入札参加資格を申請できます。
申請は本店、支店、営業所ごとにおこなっていただきます。

経営事項審査

工事(設計、測量、地質調査を除く)に入札参加資格審査申請を行う場合は、経営事項審査結果通知書における総合評定値(P点)を取得していることが必要となります。

 

入札情報サービス

公開している全ての情報は、自治体を選択しながら効率的に閲覧できます。
発注案件情報は複数の自治体を選択して、同じ条件で一度に検索可能です。

 

電子入札サービス

入札参加資格を得た本店、支店、営業所ごとに入札に関する手続きがおこなえます。

 

利用環境

パソコンWindowsマシン限定。
電子証明書が必要です。(行政書士用電子証明書での代理手続が可能です!)

 

建設業許可申請にとどまらず、公共工事の入札について幣事務所でサポートさせていただきます。

 

タイトルとURLをコピーしました