舗装工事業(舗)建設業許可業種の詳細

舗装工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は舗装工事業について

舗装工事 を行う業種を 舗装工事業

 

アスファルト舗装工事、コンクリート舗装工事、ブロック舗装工事、路盤築造工事、など

 

舗装工事業は、道路の表面を強化して、人や車が快適に通行できるようにする仕事です。
ミリ単位の精度やシビアな温度管理、スピーディーで確実な施工が求められます。

建設業許可事務ガイドラインから詳細解説

舗装工事と併せて施工されることが多いガードレール設置工事については、工事の種類としては『舗装工事』ではなく『とび・土工・コンクリート工事』に該当する。

人工芝張付け工事については、地盤面をコンクリート等で舗装した上にはり付けるものは『舗装工事』に該当する。

専任技術者の学歴要件に該当する学科

土木工学
都市工学
衛生工学
交通工学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技術士試験

◎建設「鋼構造及びコンクリート」、総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリート」)
◎建設「鋼構造及びコンクリートを除く」、総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリートを除く」)

技術検定

◎一級土木施工管理技士
二級土木施工管理技士(土木)
◎一級建設機械施工技士
二級建設機械施工技士

 

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました