鉄筋工事業(筋)建設業許可業種の詳細

鉄筋工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は鉄筋工事業について

鉄筋加工組立て工事、鉄筋継手工事 を行う業種を 鉄筋工事業

鉄筋工事業とは、
鉄筋コンクリートの骨組みとなる「かご状の鉄筋」を構造図に従って組み立てていく仕事です。
建造物の完成後には、鉄筋を外から見ることはできませんが、それだけに確実性が求められます。

建設業許可事務ガイドラインから詳細解説

『鉄筋工事』は「鉄筋加工組立て工事」と「鉄筋継手工事」からなっており、
「鉄筋加工組立て工事」は鉄筋の配筋と組立て、
「鉄筋継手工事」は配筋された鉄筋を接合する工事である。
鉄筋継手にはガス圧接継手、溶接継手、機械式継手等がある。

専任技術者の学歴要件に該当する学科

土木工学
建築学
機械工学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技能検定

鉄筋組立て・鉄筋施工

技術検定

◎一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士(躯体)

 

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました