熱絶縁工事業(絶)建設業許可業種の詳細

熱絶縁工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は熱絶縁工事業について

熱絶縁工事 を行う業種を 熱絶縁工事業

 

冷暖房設備、冷凍冷蔵設備、動力設備又は燃料工業、化学工業等の設備の熱絶縁工事、
ウレタン吹付け断熱工事

 

熱絶縁工事には、
ウレタンフォーム断熱工事と保温保冷工事の2種類があり、断熱材を吹き付けたり、熱を伝えにくい材料を取り付ける仕事です。
建物の断熱や結露防止、省エネルギーを実現します。

専任技術者の学歴要件に該当する学科

土木工学
建築学
機械工学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技能検定

熱絶縁施工

技術検定

◎一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士(仕上げ)

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました