塗装工事業(塗)建設業許可業種の詳細

塗装工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は塗装工事業について

塗装工事 を行う業種を 塗装工事業

 

塗装工事、溶射工事、ライニング工事、布張り仕上工事、鋼構造物塗装工事、路面標示工事、など

 

塗装は、最後の仕上げとして建物を美しく装い、建物を長期にわたって保護するだけでなく、街の景観や快適性向上の役割も担っています。
改修工事の増加により、今後も需要の高まりが期待されます。

建設業許可事務ガイドラインから詳細解説

下地調整工事及びブラスト工事については、通常、塗装工事を行う際の準備作業として当然に含まれているものである。

 

専任技術者の学歴要件に該当する学科

土木工学
建築学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技能検定

噴霧塗装
金属塗装・金属塗装工
建築塗装・建築塗装工
塗装・木工塗装・木工塗装工
路面標示施工

技術検定

◎一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士(仕上げ)
◎一級土木施工管理技士
二級土木施工管理技士(薬剤注入)

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました