建設業許可

コンプライアンス

建設業許可なしに工事をするペナルティ(営業停止処分)2020年6月

一定の工事金額以上の工事を受注するには建設業許可が必要です。無許可営業を行うと行政処分を受けることがあります。 無許可建設業者への行政処分事例 Y会社は、東京都世田谷区内の戸建住宅の内装工事において、建設業法第3条第1項の規定に...
建設業許可いろは

建設業の許可のいろは 建設業許可が必要でない建設業者

建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。 建設業許可が必要でない建設業者 軽微な工事をする建設業者は建設業法の許可が必要ありません。 軽微な工事とは、 建築一式工事以外の建設工事1...
コンプライアンス

建設業許可なしに工事をするペナルティ(営業停止処分)

一定の工事金額以上の工事を受注するには建設業許可が必要です。無許可営業を行うと行政処分を受けることがあります。 無許可建設業者への行政処分事例 A会社は、東京都世田谷区内の共同住宅の内装工事において、建設業法第3条第1項の規定に...
コンプライアンス

建設工事請負契約 注意点その7 工事のやり直しと工期変更

契約保護の観点から、建設工事請負契約の適正が求められます。 適正な契約に、紳士的な取引関係は前提になります。 元請業者が優越的地位を振りかざしてしまうと、現場作業員にしわ寄せがいきます。 下請工事のやり直し 元請人が費用を全...
建設業許可いろは

建設業の許可のいろは 営業所の要件

建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。 営業所の要件 営業所とは、本店、支店又は常時建設工事の請負契約を締結する事務所をいい、一般的には次の要件を備えているものをいいます。 (1) 外...
建設業許可いろは

建設業の許可のいろは 許可の有効期間

建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。 許可の有効期間 建設業の許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の許可日に対応する日の前日をもって満了となります。許可の有効期間の末日が、休日で...
建設業許可いろは

建設業の許可のいろは 新規申請プロセス

建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。 初めて申請する場合は、東京都庁建設業課内の相談コーナーで予備調査を受けなければなりません。その後、窓口審査を予約することになります。 ...
タイトルとURLをコピーしました