建設業の許可のいろは 建設業許可が必要でない建設業者

建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。

建設業許可が必要でない建設業者

軽微な工事をする建設業者は建設業法の許可が必要ありません。

軽微な工事とは、
建築一式工事以外の建設工事1件の請負代金が500万円(消費税込み)未満の工事
建築一式工事で、1件の請負代金が1,500万円 (消費税込み)未満 の工事、もしくは、請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150m2未満の工事

 

軽微な工事の水準以上の工事を受注してしまう前に

軽微な工事の水準以上の工事を受注してしまう前に、
建設業許可申請をすることをおススメします。

 

行政書士としてきめ細やかに対応させていただきます。

 

タイトルとURLをコピーしました