防水工事業(防)建設業許可業種の詳細

防水工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は防水工事業について

防水工事 を行う業種を 防水工事業

アスファルト防水工事、モルタル防水工事、シーリング工事、塗膜防水工事、シート防水工事、注入防水工事、など

 

防水工事業は、
建造物の基本的な目的である雨露をしのぐことを達成するために重要な役割を担っています。
地震国で降水量も多い日本では、より高度な防水技術は不可欠です。
適材適所の材料選択や的確な施工が求められます。

建設業許可事務ガイドラインから詳細解説

『防水工事』に含まれるものは、いわゆる建築系の防水工事のみであり、
トンネル防水工事等の土木系の防水工事は『防水工事』ではなく『とび・土工・コンクリート工事』に該当する。

防水モルタルを用いた防水工事は左官工事業、防水工事業どちらの業種の許可でも施工可能である。

専任技術者の学歴要件に該当する学科

土木工学
建築学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技能検定

防水施工

技術検定

◎一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士(仕上げ)

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました