建設業許可いろは

建設業許可いろは

建設工事業種 全28種を解説していきます。岡高志行政書士事務所

建設業許可 を取得するに際しては、建設工事の種類業種( 建設工事業種 )ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。 建設工事業種 は何があるの?簡単に解説しましたので、参考になさってください。 建設工事業種...
建設業経営支援

建設業キャリアアップシステム ( CCUS )技能者登録数 100万人突破

建設業キャリアアップシステム ( CCUS )技能者登録数 100万人突破 建設業キャリアアップシステム ( CCUS )技能者登録 建設業キャリアアップシステム ( CCUS )技能者登録数が、2022年10月末時点で、1,024,2...
決算変更届

建設業決算変更届の作成・届出は行政書士に依頼しなければなりませんか?

建設業決算変更届の作成・届出は行政書士に依頼しなければなりませんか? まさによくある質問です。 建設業決算変更届は、法人であれば代表者、個人事業主であれば本人が届けなければならない。 従業員が届け出るの...
決算変更届

建設業決算変更届の工事経歴書の書き方:行政書士がかんたん解説

建設業決算変更届は、毎年の事務なので社内でスムーズに準備の上で、当事務所へ依頼される会社さまがほとんどです。 ただ、従業員の離職が多い業界ですので、前任者から引継ぎがなくて建設業決算変更届の工事経歴書が作成できない。 そうした会社さま、...
決算変更届

建設業決算変更届を提出しないとどうなるの?

建設業許可業者は、建設業決算変更届を決算後4か月以内に所官庁に提出しなければなりません。 (建設業法第11条第2項) 建設業許可を取得した事業者には決算変更届の提出が毎年必要ですが、ちょっと遅れてもいいと考えてしまうかもしれません。 ...
建設業経営支援

事業承継の際の建設業許可認可申請~建設業法改正2020年10月

事業承継の際の建設業許可認可申請~建設業法改正2020年10月 2020年10月、建設業法の改正施行により円滑な事業承継が可能となりました。 事業承継(事業譲渡・合併・分割)のタイミングで空白期間無く、建設業の許可も承継できるようになり...
建設業経営支援

円滑な事業承継制度スタート~建設業法改正2020年10月

円滑な事業承継制度スタート~建設業法改正2020年10月 2020年10月、建設業法の改正が施行されまして、 円滑な事業承継制度が創設されました。 建設業法改正の経緯 改正以前の建設業法では、建設業者が事業譲渡・合併・分割(「事業承...
建設業市場動向

建設リサイクル法と解体工事業

建設リサイクル法と解体工事業 解体工事業で500万円以上の仕事を受注するにあたって建設業許可を取得する必要があります。 500万円未満の工事する場合でも 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)により、 解体工...
建設業経営支援

経験のある技術者がいれば別業種の工事も受注できる?

経験のある技術者がいれば別業種の工事も受注できる 経験のある技術者がいれば別業種の工事も受注できる! そのように考えてらっしゃる会社様がいらっしゃいました。 こんな場合はどうでしょう? 例えば、会社として機械器具設置工事業の許可...
建設業許可いろは

【建設業法改正反映】建設業の許可のいろは 経営管理責任者・経営業務管理体制・専任技術者

【建設業法改正反映】建設業の許可のいろは 経営管理責任者 経営業務管理体制 専任技術者 建設業法改正が2020年10月から施行されています。 要件が大幅に変わった 経営業務管理体制を中心に、建設業許可の資格要件を改めてお示しします。 ...
タイトルとURLをコピーしました