コラム一覧

コラム一覧

新型コロナウィルス COVID19 が流行しております。 建設工事においても、工事の進捗の遅れなどによって売上が減少して資金繰りが悪化している可能性もあります。 コロナウィルス対応 融資・資金調達制度 ...
続きを読む
新型コロナウィルス COVID19 が流行しております。 建設工事においても、工事の進捗の遅れなどによって売上が減少して資金繰りが悪化している可能性もあります。 コロナウィルス対応 融資・資金調達制度 ...
続きを読む
外国人受入企業として政府認定をうけるとビザ取得で有利となることは前回お伝えしました。 女性の活躍に取り組む「えるぼし認定企業」があります。 https://kensetsu-kyoninka.com/ ...
続きを読む
今年から、外国人受入企業の基準が緩和されています。 特定の政府認定をうけるとビザ取得で有利となるカテゴリー1に該当することになります。 【一定の基準を満たす企業】として、 経済産業省が所管する「地域未 ...
続きを読む
今年から、外国人受入企業の基準が緩和されています。 特定の政府認定をうけるとビザ取得で有利となるカテゴリー1に該当することになります。 【一定の基準を満たす企業】として、 消費者庁が所管する「内部通報 ...
続きを読む
建設工事は危険を伴いますから、事故も発生します。 事故が発生した場合は適切に届出を行ってください。 届出することによって労働災害発生状況のような統計も整備されて、業界全体の安全対策も進みます。 さて、 ...
続きを読む
今年から、外国人受入企業の基準が緩和されています。 特定の政府認定をうけるとビザ取得で有利となるカテゴリー1に該当することになります。 【一定の基準を満たす企業】として、 経済産業省が所管する「地域未 ...
続きを読む
建設業界では、人手不足の環境下で外国人労働力として 特定技能の在留資格が活用されています。手続が煩雑という評判でしたが、各方面からの意見を反映して簡素化されてきました。 特定技能も入管オンライン申請の ...
続きを読む
一定の工事金額以上の工事を受注するには建設業許可が必要です。無許可営業を行うと行政処分を受けることがあります。 無許可建設業者への行政処分事例 A会社は、東京都世田谷区内の共同住宅の内装工事において、 ...
続きを読む
建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。 建設業許可が必要でない建設業者 軽微な工事をする建設業者は建設業法の許可が必要ありません。 軽微な工事とは、 ...
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました