コラム一覧

コラム一覧

建設業では公共工事依存度が高いといわれます。 それだけ、公共工事の発注高は多く、入札によって受注できる営業面の良さもあります。 まずは入札参加資格を取得します。 どちらの官庁・自治体の入札に参加するか ...
続きを読む
建設業では公共工事依存度が高いといわれます。 それだけ、公共工事の発注高は多く、入札によって受注できる営業面の良さもあります。 入札参加について(私の事務所が所在する)東京都の例で簡単に解説します。 ...
続きを読む
今年から、外国人受入企業(所属機関)の基準が緩和されています。 特に、技能・人文知識・国際業務の在留資格の場合、所属機関は、1~4までのカテゴーに分類されていまして、カテゴリーが2,3,4と上がるにし ...
続きを読む
建設業界でも、今年度スタートした在留資格 特定技能での外国人雇用を検討している企業が増えています。 技能実習生として雇用していた外国人を特定技能へ変更する検討もあります。 特定技能での雇用の場合、受入 ...
続きを読む
年末は資金繰りが心配。 ということで、今回は、地域建設業経営強化融資制度をご案内。 建設会社が、公共工事の発注者に対して有する工事請負代金債権を担保に保証人・不動産担保なく、出来高に応じて融資を受けら ...
続きを読む
2019年12月26日 岡高志行政書士事務所(東京都大田区 代表:岡高志)は、建設業 許認可申請専門サイト「建設業許認可ドットコム」をリリースしました。 建設業の許認可申請に実績にある行政書士事務所と ...
続きを読む
建設業の許可区分は、元請会社中心の特定建設業許可、ほか一般の一般建設業許可にわかれます。 特定建設業許可と一般建設業許可とで大きな差が出るのは 財産的要件(請負契約を履行するに足りる財産的基礎又は金銭 ...
続きを読む
建設業許可票
建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。建設業許可の細部をひもといていきます。 許可票の掲示義務 許可を受けた建設業者は、その店舗及び建設工事の現場ごとに、公衆の見やすい場所に、許可票を掲示 ...
続きを読む
建設業の許可関連は行政書士業務の中でも大きな分野。許可業者さんの数が全国で50万社近くあります。一記事でどこまで整理できるのか悩ましいので、さわりだけご紹介。 建設業許可の要否 建設業許可がなくてもで ...
続きを読む
建設業の担い手の中長期的な育成・確保のため、適正な利潤を確保できるよう予定価格を適正に設定することや、ダンピング対策を徹底することなど、が「担い手3法」により規定されています。さらに、働き方改革促進に ...
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました