内装仕上工事業(内)建設業許可業種の詳細

内装仕上工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は内装仕上工事業について

内装仕上工事 を行う業種を 内装仕上工事業

インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、内装間仕切り工事、床仕上工事、たたみ工事、ふすま工事、家具工事、防音工事、など

 

内装仕上工事業とは、
コンクリートで囲まれた空間に天井や壁、床を張ることで、人々が安全で快適に過ごせる部屋に仕上げる仕事です。
これからの時代は、下地組みから仕上げ作業までこなせる技能士が求められています。

建設業許可事務ガイドラインから詳細解説

「家具工事」とは、建築物に家具を据付け又は家具の材料を現場にて加工若しくは組み立てて据付ける工事をいう。

「防音工事」とは、建築物における通常の防音工事であり、ホール等の構造的に音響効果を目的とするような工事は含まれない。

「たたみ工事」とは、採寸、割付け、たたみの製造・加工から敷きこみまでを一貫して請け負う工事をいう。

 

専任技術者の学歴要件に該当する学科

建築学
都市工学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技能検定

表具・表具工・表装・内装仕上げ施工・カーテン施工・天井仕上げ施工・床仕上げ施工
畳製作・畳工

建築士試験

◎一級建築士
二級建築士

技術検定

◎一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士(仕上げ)

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました