鋼構造物工事業(鋼)建設業許可業種の詳細

鋼構造物工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は鋼構造物工事業について

鋼構造物工事 を行う業種を 鋼構造物工事業

鉄骨工事、橋梁工事、鉄塔工事、石油、ガス等の貯蔵用タンク設置工事、屋外広告工事、閘門、水門等の門扉設置工事など

 

鋼構造物工事業とは、
鋼材を骨組みとするビルや橋を製作し、現地に据え付ける仕事です。
日本の鉄骨建築技術や橋桁の製作・架設の技術は、世界屈指と評価されており海外への技術援助などにも大いに貢献しています。

建設業許可事務ガイドラインから詳細解説

『とび・土工・コンクリート工事』における「鉄骨組立工事」と『鋼構造物工事』における「鉄骨工事」との区分の考え方は、
鉄骨の製作、加工から組立てまでを一貫して請け負うのが『鋼構造物工事』における「鉄骨工事」であり、
既に加工された鉄骨を現場で組立てることのみを請け負うのが『とび・土工・コンクリート工事』における「鉄骨組立工事」である。

ビルの外壁に固定された避難階段を設置する工事は『消防施設工事』ではなく、
建築物の躯体の一部の工事として『建築一式工事』又は『鋼構造物工事』に該当する。

『とび・土工・コンクリート工事』における「屋外広告物設置工事」と『鋼構造物工事』における「屋外広告工事」との区分の考え方は、
現場で屋外広告物の製作、加工から設置までを一貫して請け負うのが『鋼構造物工事』における「屋外広告工事」であり、
それ以外の工事が『とび・土工・コンクリート工事』における「屋外広告物設置工事」である。

 

専任技術者の学歴要件に該当する学科

土木工学
建築学
機械工学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技能検定

鉄工・製罐

技術士試験

◎建設「鋼構造及びコンクリート」、総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリート」)

建築士試験

◎一級建築士

技術検定

◎一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士(躯体)

◎一級土木施工管理技士
二級土木施工管理技士(土木)

 

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました