建設キャリアアップシステム(CCUS)への登録は建設業者にとって法的義務?

建設キャリアアップシステム(CCUS)への登録は建設業者の義務?

建設業キャリアアップシステム(CCUS)への登録について法的な義務づけはありません。
国の政策として推奨されています。

建設業キャリアアップシステムへの登録のメリット

技能実習の外国人労働者にはすでに義務づけられています。

競争入札参加資格や経営事項審査におけるインセンティブがあります。
公共事業でのインセンティブを与える動きが各地ででています。

助成金

人材開発支援助成金(建設労働者技能実習コース)について、建設キャリアアップカード登録者については賃金助成額を1.1倍になっています。

経営事項審査

経営事項審査においても、2020年4月から次の変更がありました。

  • 技術力(Z)のうち技術職員数(Z1)において、能力評価基準レベル4の者に3点、レベル3の者に2点の評価
  • 社会性評価(W)でシステム登録技能者のうちレベル2以上にアップした技能者の割合に応じて最大10点評価

業務効率改善

書類作成では、施工体制台帳や作業員名簿の自動作成が可能になります。

勤務時間管理や給与計算等の活用もできるシステムとなっています。

早めの登録がおすすめ

建設業キャリアップシステムの登録をしていない事業者様・技能者様は現場の入場や、公共工事の入札関連で出遅れる可能性も考えられますので、早々に登録することをお勧めいたします。

お問い合わせ

      

お名前※必須
お名前(フリガナ)※必須
メールアドレス※必須
電話番号※必須
お問い合わせ内容※必須
タイトルとURLをコピーしました