造園工事業(園)建設業許可業種の詳細

造園工事業

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、全て許可の対象となり、
建設業の種類(業種)ごとに、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受けなければなりません。

今回は造園工事業について

造園工事 を行う業種を 造園工事業

植栽工事、地被工事、景石工事、地ごしらえ工事、公園設備工事、広場工事、園路工事、水景工事、屋上等緑化工事、緑地育成工事、など

 

造園工事業とは、
公園や道路などで自然の素材をうまく生かし美しい景色を作り育てる仕事です。
工事後も植物の成長や周囲の景観を考慮しながら、快適な生活空間を提供し、防災やCO2の削減など、都市環境の改善にも役立っています。

建設業許可事務ガイドラインから詳細解説

「植栽工事」には、植生を復元する建設工事が含まれる。

「広場工事」とは、修景広場、芝生広場、運動広場その他の広場を築造する工事であり、
「園路工事」とは、公園内の遊歩道、緑道等を建設する工事である。

「公園設備工事」には、花壇、噴水その他の修景施設、休憩所その他の休養施設、遊戯施設、便益施設等の建設工事が含まれる。

「屋上等緑化工事」とは、建築物の屋上、壁面等を緑化する建設工事である。

「緑地育成工事」とは、樹木、芝生、草花等の植物を育成する建設工事であり、土壌改良や支柱の設置等を伴って行う工事である。

 

専任技術者の学歴要件に該当する学科

土木工学
建築学
都市工学
林学

専任技術者の資格要件に該当する資格

技能検定

造園

技術士試験

◎森林「森林土木」、総合技術監理
◎森林「林業・林産」、総合技術監理
◎建設「鋼構造及びコンクリート」、総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリート」)
◎建設「鋼構造及びコンクリートを除く」、総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリートを除く」)

技術検定

◎一級造園施工管理技士
二級造園施工管理技士

 

◎があるのは特定建設業の要件にもなる資格です

タイトルとURLをコピーしました